マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ちょっとした習慣が節約に スマホの「データ通信量」を抑える6つのワザ

2019年7月4日 15:00

駅で見られる「Free Wi-Fi」のステッカー
駅で見られる「Free Wi-Fi」のステッカー

 スマホの場合、いかにデータ通信量を抑えるかが通信料節約の鍵になる。そもそも「データ通信」は通信料がかかる。スマホからインターネットにつなぐ時、「データ通信」と「Wi-Fi」の2つの方法がある。

 データ通信は通信会社が提供するネット回線を使用しており、スマホや携帯電話でしか使えない。一方Wi-Fiは、自宅や施設などに契約されたルーターを置き、そこから無線を飛ばすことで、スマホやパソコンなどの機器がネット接続できるようにする。まず大前提として、通信料を節約するなら、利用量に応じて料金がかかるデータ通信ではなく、プロバイダーに月額料金を払っているWi-Fiや公共施設の無料Wi-Fiを使った方がお得となる。

 以下、データ通信量を抑える6つのワザを紹介しよう。

【1】外出先では無料Wi-Fiを活用する

 飲食店や駅などの公共施設で目にする「無料Wi-Fi」の文字。これは、その施設が契約・設置しているWi-Fiを無料で使えますよという表示。動画を視聴するなど、通信量を多く使う時は、こういった無料Wi-Fiにつなげば通信料の節約になる。ただし、1つの回線をその空間にいる多くの人で分け合っているため、通信速度が遅くなることも。また、IDとパスワードを入力しなくてもつながるWi-Fiは、セキュリティー面で不安な点も多いので避けた方が無難だ。ドコモ、au、ソフトバンクの各社が提供するフリーWi-Fiは信頼性が高い上、一度設定をすれば、Wi-Fiスポットに行ってもIDなどを入力せずにつながるのでおすすめだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。