マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ちょっとした習慣が節約に スマホの「データ通信量」を抑える6つのワザ

2019年7月4日 15:00

【2】位置情報をオフにする

 スマホの「位置情報」ボタンを「ON」にしておくと、地図アプリなどを開いた際にナビ機能などが使えて便利だが、使わない時は切っておかないと、データ通信料だけでなく、電池も無駄遣いになる。地図情報などのアプリを使い終えたら、スマホ画面の上部にあるバー、あるいは「設定」画面から「位置情報」項目を選択し、マメに「OFF」にしよう。

【3】動画を見る時はWi-Fiを使う

 YouTubeなどで動画を見る時や、Hulu、Netflixなどで映画やドラマを視聴する時はWi-Fiを活用しよう。動画視聴中のデータ通信量は、テキストや画像の数十倍にもなるからだ。Wi-Fiを使えないなら、データ通信を大容量で使えるプランや、動画視聴に制限がないプランを契約しよう。

【4】通信会社のポイントを貯める

 ドコモは「d払い」、auは「auPAY」、ソフトバンクは「PayPay」と、各社には、ポイントを貯められるキャッシュレスアプリがある。auの場合、「auPAY」アプリをダウンロードすれば、通信料で加算されたポイントを、以降の通信料の支払いや買い物にも使えてお得。

【5】子供のスマホには利用時間の制限設定を

 子供にスマホを購入すると、ドコモ、au、ソフトバンクでは、利用時間を制限できるフィルタリングアプリを入れてくれる。子供が親のスマホを使う場合、「Googleファミリーリンク」アプリを入れておけば利用時間や使える時間帯が設定でき、無駄遣いが防げる。

【6】アプリの自動更新機能をオフにする

 アプリの自動更新機能をオフにすると通信量の節約になる。アンドロイドの場合、「Playストア」アプリを開き、左上のメニューボタンから「設定」を選択。「アプリのダウンロード設定」を「Wi-Fi経由のみ」にする。iPhoneの場合、「設定」から「iTunes StoreとApp Store」を開き、「モバイルデータ通信」をオフにする。

※女性セブン2019年7月11日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。