マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定年後再就職の難しい見極め 「元の会社に残った方がよかった…」の嘆き

2020年3月25日 16:00

定年後の再就職は失敗しないよう要注意(イメージ)
定年後の再就職は失敗しないよう要注意(イメージ)

 元部下に顎で使われるくらいなら新天地を求めたい―─そう思っても、定年後の転職で成功するのは容易ではない。

 中小企業経営者に見込まれて大企業のサラリーマンから転職したが、ワンマン経営についていけずに短期間でクビというケースは枚挙に暇がない。

 逆に、人手不足でシニアの人材が引く手あまたの業界では、「好条件で転職できた」と喜んでも、実は元の職場に残っていたほうが好条件だったというどんでん返しが待ち受けていたりする。

 建設関連の中堅企業の技術職F氏は、会社から嘱託社員として残ってほしいと強く引き止められたが、定年を機に同じ業種の会社に転職した。慣れた仕事で自信もあったし、給料は少し下がったが、会社からは「65歳以降も働いてほしい」と言われ、再雇用先としては満足できる待遇だった。

 ところが、である。元いた会社が65歳定年制の導入を決めたのだ。その条件を聞いて、F氏は臍を噛んだ。

「これから定年を迎える社員の定年を65歳にするのかと思ったら、それだけではなかった。60歳で定年退職して雇用延長で嘱託や顧問として残っている仲間も、正社員に戻して定年時の水準の給料を払い、昇給も退職金も出るというびっくりするほどの条件です。

 この業界は仕事は多いのに若手の技術者が少ないから、ベテランの引き抜きが多い。どの企業も即戦力のシニアが離れないように思い切って雇用条件を改善している。ちょっと早まったかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。