マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

色選択ミス、転校で… 悲喜こもごものランドセルの思い出

2020年3月18日 15:00 マネーポストWEB

 嫌な思い出のバリエーションは様々だが、とりわけ危険なのが“色”だ。

「ランドセルを買ってもらう時、たまたま姉妹ケンカをしていて、お姉ちゃんと同じ色はイヤだと言って、紺色のランドセルを選びました。けれども入学したら女の子は全員赤で大後悔……。散々からわれた挙げ句、あだ名が『紺』になりました」(40代女性)

「水色に花柄があしらわれたランドセルを選びましたが、学年が上がるにつれて恥ずかしくなってしまい、結局買い直してもらいました」(20代女性)

「傷や汚れが目立たないと思い、子供にはキャメル色のランドセルを選びましたが、小学校で『ウンコ色』と言われたようで、子供が泣きながら帰ってきました」(40代男性)

 もちろん楽しい思い出がある人もいる。

「ウチの小学校では卒業の時、ランドセルに友達同士でメッセージを書きあうのが流行りました。たまに見返すと、何年も会っていない友達の顔が浮かんできて、一生捨てられません」(30代女性)

「関東から中部地方に転校したら、その小学校はランドセルを使わない地域でした。転校生はランドセルを使っても良かったので、ランドセルで学校に行くと、同級生たちから次々と『いいなぁ』『背負ってみたい』と言われ、子供ながらに『じゃあランドセルOKにすれば良いじゃん』と思った思い出があります。ランドセルを背中ではなく前にすると、野球の審判のようになるので、公園で草野球をやる時は私のランドセルが大活躍でした(笑い)」(40代男性)

 良い思い出も、少し嫌な思い出も、子供にとっては大切な学びの機会。子供たちはランドセルを通じて色々なことを学んでいるようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。