マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

痛ましい崩落死亡事故、責任は誰にありどこが賠償するのか

2020年4月4日 11:00

土砂崩れで事故が起きた場合の責任は?(イメージ)
土砂崩れで事故が起きた場合の責任は?(イメージ)

 今年2月、神奈川県逗子市で民有地の土砂が崩れ、女子高生が亡くなる痛ましい事故が起きた。この件の責任や賠償はどうなるのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 市道に面する民有地の傾斜の土砂が崩れ、通行中の女子高生が死亡する事故が起きました。崩落の危険性を放置していた責任は重く、彼女への賠償は民有地を所有していた人がするのか、市や県、国が行なうのでしょうか。竹下先生の見解を聞かせてください。

【回答】
 ニュースで知るしかない、この事件について言及はできません。あくまでも一般論となります。

 崖部分が市道の敷地になっていて、道路の一部として市が管理していれば、公の営造物として市の責任です。単なる私有地であれば、手つかずの自然物でない以上、土地の工作物として、その使用者や所有者の責任が問題になります。どちらにせよ、崖の管理に「瑕疵(かし)」があったかがポイントです。

 瑕疵とは、通常有すべき安全性を欠くことです。崖崩壊の原因が予想不可能で、通常備えるべき強度の擁壁でも防ぐことができなければ、責任はありません。仮に脆弱な地盤で普段から落石があり、急傾斜地であった場合には、瑕疵の有無が問題になります。

 瑕疵は構造、用法、場所的環境、利用状況等諸般の事情を総合考慮し、具体的個別的に判断すべきであり、一概にいうことはできません。崖崩落の原因を調べた上で、これらに対する安全性の欠如があったかが争点になります。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。