マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

子供の将来の収入を左右する「非認知能力」を育む6つのコツ

2020年4月5日 11:00

過干渉をやめて、子どもにどう接するべきか?(イメージ)
過干渉をやめて、子どもにどう接するべきか?(イメージ)

 昨今話題のブラック校則も、言い換えれば「過干渉」の1つといえる。何をしていいのか、あらゆることを、子ども自身が考えて判断する前に、校則で規制してしまう。それはつまり、子ども自身の「考える力」を奪ってしまうことにつながる。そうさせないためには、家庭や学校教育の現場で過干渉をやめることが何より大切だ。

 では、過干渉をやめると同時に、大人はどう子どもに接していけばいいのか。校則を撤廃したことで知られる東京・世田谷区立桜丘中学校で、実際に行われてきた以下のことがヒントになりそうだ。

(1)子どもが言うことを否定しない (2)子どもの話を聞いてあげる (3)子どもに共感する (4)アタッチメントなど子どもとの触れ合いを積極的に行う (5)能力ではなく努力を褒める (6)行動を強制しない

 つまり、子どもの声に耳を傾け、子どもに寄り添う時間を持つということ。なぜこの6つの方針を導入したのか、新刊『「過干渉」をやめたら子どもは伸びる』(小学館刊)の共著者の一人で、同中学校の校長を務めた西郷孝彦さんは説明する。

「桜丘中学校では、数値化できる『学力』ではなく、一貫して数値化が難しい『人間力』を育むためにはどうしたらいいのかにトライし続けてきました。その1つが『非認知能力』を育むこと。実は、これら6つは、非認知能力を育むために重要と考えられている項目です」(西郷さん・以下同)

 非認知能力とは、コミュニケーション能力や感情を制御する能力、さらには自尊感情や粘り強さといった、「社会情緒的能力」のことを指す。近年の研究では、非認知能力の高さが、将来の収入と関連することもわかってきている。ノーベル賞を受賞した米の経済学者、ジェームズ・J・ヘックマン教授が、「非認知能力」を高めるための教育を受けた子どもたちと、そうでない子どもたちを追跡調査した結果、親の収入に関係なく、40年後には前者のグループと後者のグループで、歴然とした差が出たというのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。