マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

偽ニュースに最も騙されるのは50~60代 “拡散する側”に回る恐怖

2020年4月16日 15:00

根拠のない情報に惑わされないようにしたい(イラスト/別府麻衣)
根拠のない情報に惑わされないようにしたい(イラスト/別府麻衣)

 収束の兆しが見えない現在の新型コロナウイルスの蔓延では、当初、デマ情報が流れ拡散し、多くの人がその情報を信じるという事態も起きた。いま、SNSやインターネットの普及により、災害時の“不安”は、一瞬で広がっていく。これを「インフォデミック」と呼ぶが、この言葉は「インフォメーション(情報)」と「エピデミック(流行)」を組み合わせた造語で、根拠のない情報が拡散されるという意味だ。

 防災アドバイザーの高荷智也さんが語る。

「SNSで、誰でも瞬時に情報を得ることができるのは便利ですが、その半面、不安を増幅させてしまいます。トイレットペーパーが品薄というインフォデミックが流れると、『うちも危ない』と、あっという間に買いだめが拡大する。市場からものが無くなるのは、もはや“現代ならではの二次災害”と考えられます」(高荷さん・以下同)

 その状況で“冷静に対処を”と呼びかけても意味がない。

「ものが無くなるということは、地震でたんすが倒れる、停電が起こるなどの災害現象と同じです。これらに備える生活様式に転換することが、21世紀の災害対策には不可欠です」

 ある報道(*注)によると、国内の研究機関が10~60代の6000人を対象に「フェイクニュース」を流したところ、50~60代がもっとも信じやすいという調査結果が。さらに、SNSの利用者に比べ、メッセージアプリやメールマガジンをよく利用する人の方が「誤情報を拡散しやすい」傾向が見られた。

【*注/国際大学グローバル・コミュニケーション・センターグループの調査で、NHKのニュースで報道された】

 この調査は、「その原因として、この世代は自己判断に自信があるがゆえ、誤情報も信じやすいのでは」という分析で結ばれていた。自分もインフォデミックに加担しているかも……。それを自覚し、自分が信じる情報への「過信」をまずは疑い、さまざまな意見に耳を傾ける姿勢が必要だ。

※女性セブン2020年4月23日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。