マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ拡大で介護施設に感染リスクも 「在宅介護」にどう備えるか

2020年4月24日 16:00

 ただし、要介護者やその家族が、在宅介護を進める上で活用できる制度は少なくない。主なものを表にまとめたが、たとえば家族の介護のために仕事を休んだ人は、雇用保険から最大3か月まで「介護休業給付金」が受け取れる。

 当然ながら、介護保険をフル活用することも重要だ。入浴や食事、排泄など要支援・要介護度に応じた訪問介護のサービス給付が受けられるのはもちろんのこと、介護保険に基づく助成金などの存在も知っておきたい。

 自宅をバリアフリー化する工事を行なう場合には、「高齢者住宅改修費用助成制度」で、改修費の90%(最大18万円)が助成される。介護用具も「特定福祉用具販売」の制度を使うことで、自己負担1割で購入できる(上限年10万円)。

※週刊ポスト2020年5月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。