マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

在宅勤務で増える飲酒量 つい飲み過ぎてしまう人たちの悩みと本音

2020年5月5日 16:00

在宅勤務で酒量が増えすぎる悩みも(イメージ)
在宅勤務で酒量が増えすぎる悩みも(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染予防から家で過ごす時間が増えたが、それに伴って飲酒量も増えたことを実感している人たちがいる。なかには、やめたくてもやめられず、アルコール依存を懸念する悲痛な声も上がっているほど。背景に何があるのか。

「ゴミを分別しているときに気づきました。明らかにビールなどの空き缶、ウイスキーやワインの空き瓶が増えていて、自分のことながらびっくりしました」

 そう飲酒量の増加を語るのは、30代の男性会社員・Aさんだ。以前は、金曜日に同僚と居酒屋に飲みに行く程度で、家で飲むことはほとんどなかった。会社からの帰宅時間が22時頃になるため、飲まずにすぐに寝てしまうことが多かったためだ。だが、在宅勤務を開始してから1か月、気づけば毎日飲むようになっていた。

「18時に仕事が終わり、すぐにつまみを作りながら、まずは軽くビールかチューハイを1缶。それから、つまみを食べながら濃いめのハイボールを作り、3~4杯は軽く飲みます。さらに夜寝る前にも時間があるので、ワインを2杯くらいは飲んでしまいます。これがほぼ毎日になっていました。

 翌日は多少寝坊したり2日酔い気味だったりしても、気持ち悪くなりながら頑張って通勤していた時間まるまる眠れるわけだし、職場での人目もない。酒臭くても関係ないし、オンライン会議があったとしても、ビデオ機能をミュートにしておけば問題ありません。結果、飲みすぎてしまうという悪循環です。通勤していた頃は、『明日仕事が早い』など、無意識に明日のことを考えて酒を飲まない、という選択肢をとっていたんだと気づきました。自分の酒量をうまくコントロールできない今、今後が不安です」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。