マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

Zoom、Skype、LINE… 無料で使える5大ビデオ通話アプリの特徴

2020年5月26日 15:00

人気のビデオ通話アプリそれぞれの特徴は?(イメージ)
人気のビデオ通話アプリそれぞれの特徴は?(イメージ)

 新型コロナによる自粛が続いたことにより、ビジネスシーンから友人や親族のコミュニケーションにまで浸透し始めているのがビデオ通話アプリだ。現在、無料で利用できる5つのアプリが活躍しているとされている。意外と知らないその特徴や違いを紹介する(※アプリの最大参加可能人数と時間制限は無料版のもの)。

【Zoom】最大参加可能人数:100人 時間制限40分(3人以上の場合)
(参加者が3人以下であれば、無料版でも時間制限はない)

 アメリカ発のビデオ会議システム。ユーザー登録が不要なのが最大のメリット。ビデオ通話に参加するには、主催者からメールで送られてくるURLをクリックするだけ。後は指示通りに進めれば、自動的にインストールされる仕組みだ。つまり、スマホとメールアドレスさえあれば、誰でもすぐに始められる。この手軽さが人気の要因だ。

 通信データ量が軽いため、参加者全員を画面に表示させられるほか、その他のビデオ会議システムに比べて音声がクリアで、途切れたり、止まったりすることがほとんどない。ストレスを感じることなく、会議や飲み会が行える。ただし、参加人数(3人以上)により時間制限(40分)があるので注意。

 カスタマイズ機能も豊富で、好みの背景に設定できるバーチャル背景や、スケジュール設定、参加者同士のチャット、全員で書き込みができるホワイトボードなどの機能を備える。

【Skype】最大参加可能人数:50人 時間制限:なし

 Zoom同様、アカウント登録が必要ない。ただし、データ通信量が重いので、Wi-Fi環境が整っていないと不便なことも。録画機能、リアルタイム字幕機能、画面共有機能、スタンプが使えるチャット機能が好評。

【LINE電話】最大参加可能人数:200人 時間制限:なし

 LINE登録が必要。画面に表示されるのは、スマホは6人、パソコンは16人。トークグループを作成し、画面右上の電話マークをタップした後、画面上部に出る「ビデオ通話」をタップするだけで始められる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。