マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

テレビはなぜ「演出」をするのか 現場から感じられる苦悩と傲慢さ

2020年5月30日 16:00

テレビで「過剰演出」がまかり通るのはなぜ?
テレビで「過剰演出」がまかり通るのはなぜ?(イメージ)

 5月23日、恋愛リアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演者していたプロレスラー・木村花さん(享年22)が、急逝した。木村さんは番組出演以来、SNSで苛烈な誹謗中傷を受けていたこともあり、そうした風潮を生み出したテレビの「演出」に対しても多数の批判がされている。

 その一方で、「現場のスタッフも悩んでいる」と言うのはネットニュース編集者の中川淳一郎氏だ。テレビ媒体でコメントを求められたりする機会も多い中川氏が、テレビがなぜ「演出」をするのか、その背景を分析する。

 * * *
 生放送以外は収録となります。スタジオでの収録もありますし、会議室で「識者」として様々なことを語り、これが映像として使われることもあります。こうした時、活字メディアの取材では存在しないのが「演出」です。

 ディレクターから「ここは〇〇のようにしていただけませんでしょうか」「ここで〇〇と言っていただけませんでしょうか」といったお願いが出るのです。こうした場合、大抵は申し訳なさそうな「歯を食いしばり、目を細め、下を向く」といったポーズをされます。

 活字メディアの場合は、「今おっしゃった意味をもう少し補足してもらえますか?」といった依頼が来るのですが、テレビの場合は「このようなことを言ってもらえますか」ということにならざるを得ない。なぜなら、そのシーンをそのまま映像として流さなくてはいけないからです。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。