マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

【ドル円週間見通し】米中摩擦でドルは上げ渋りか、5日の雇用統計も注視

2020年5月31日 8:00

今週のドル円注目ポイントは?
今週のドル円注目ポイントは?

 投資情報会社・フィスコが6月1日~6月5日のドル円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル円は上げ渋りか。米トランプ政権による対中制裁で両国の対立が嫌気され、安全通貨のドルに買いが入りやすい展開となりそうだ。中国政府は全人代で、香港での反政府的な動きを取り締まる「国家安全法制」導入の方針を採択しており、同地域での一国二制度は維持できなくなることを米国は警戒している。香港の統治問題を巡って米中の対立は長引く可能性があり、安全資産であるドルの需要はやや増加するとの見方は後退していないようだ。

 ただ、米国の記録的な失業率悪化を受け、早期の景気回復への期待は後退しつつある。6月5日発表の5月雇用統計は、非農業部門雇用者数は前月比-800万人とさらなる減少が予想される。失業率は20%近くまで上昇すると予想されており、前回14.7%からさらに悪化する見通し。それにより雇用情勢の早期回復は見込めないとの観測が広がれば、安全逃避的なドル買いは後退しよう。

【米・5月ISM製造業景況指数】(6月1日発表予定)
 6月1日発表の米5月ISM製造業景況指数は43.5と、4月の41.5から小幅に持ち直すと予想される。新型コロナウイルスの打撃を受けた製造業で回復の兆しが示された場合、景気の持ち直しを期待したドル買いに振れやすい。

【米・5月雇用統計】(6月5日発表予定)
 6月5日発表の5月雇用統計は、失業率19.5%、非農業部門雇用者数は前月比-800万人、平均時給は前年比+8.9%程度と予想されている。失業率は前回を大幅に上回るものの、雇用者数の減少幅が市場予想を下回った場合、ドル売りを弱める要因になりそうだ。

「FX」関連記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。