マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

緊急入院、検査入院などタイプ別「入院にかかるお金」を完全図解

2020年6月12日 15:00

支払う費用が変わる入院の「仕方」と「お金」一覧表
支払う費用が変わる入院の「仕方」と「お金」一覧表

 生命保険文化センターの調査によると、患者が1回の入院で支払うお金の自己負担の平均は20万8000円。1日あたりの平均では2万3000円になる(「2019年度生活保障に関する調査」)。

 だが、入院の目的や病院・病棟の種類ごとにかかる入院費は大きく変わってくる。その違いを一覧表(別掲)にした。

 一般病棟への入院だけでなく、例えば救命救急病棟や集中治療室(ICU)に入院したときの費用も大きい。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が解説する。

「ICUに関しては、1日あたりの入院費用は一般病棟に比べて10倍くらいになります。ICUでは患者2人に看護師1人がつき、救命のための医療が行なわれます。命に関わる緊急時ですから、ある程度のお金がかかるのは当然でしょう」

 他にも簡単な手術などでの短期入院や検査入院など、「入院タイプ」による違いもある。

 日帰りなど短期入院の場合、それが長引き5日を超えると一般的な入院費(別掲表の上枠)になる。また、人間ドックや健診は基本的には保険が適用されない。そういった違いを知っておきたい。

「病院ごとの違い」も多くあるが、ではどうやって病院を選べばいいのか。『医療費のしくみ』(日本実業出版社)の著書がある、高崎健康福祉大学准教授・木村憲洋氏はこう語る。

「高度な医療が必要な病気では入院先が限られますが、そうでなければかかりつけ医の紹介を受けるのが安心です。病院の良し悪しは同業者が一番よく知っている。金儲け主義の病院や質の悪い病院に行かないために、ぜひ相談してみてください」

 日頃から信頼できる医者とコミュニケーションを図ることが、先々の入院費抑制につながる。

入院費で損をしないための制度一覧
入院費で損をしないための制度一覧

※週刊ポスト2020年6月12・19日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。