マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

情報収集するけど発信はしない… 変化するTwitterとの付き合い方

2020年6月8日 15:00

気軽にツイートしにくくなった?(イメージ)
気軽にツイートしにくくなった?(イメージ)

 SNS、特にツイッター上での有名人に対する誹謗中傷が問題化する昨今、そんな空気に嫌気が差して、ツイッターとの付き合い方を見直している人も少なくないようだ。

 都内に住むフリーランスの雑誌編集者・前田さん(仮名、40代/男性)がツイッターを始めたのは2009年のこと。友人や仕事仲間との交流が主な目的だった。

「友人に勧められてアカウントを作り、最初はとりあえず友人、仕事仲間、好きなミュージシャン、ネット界の有名人などをフォローし、彼らのツイートを見るだけでした。本名は明かさず、ハンドルネームを使っていました。

 その後、日頃思ったことや、自分の仕事に関する情報、テレビ番組の感想なんかをちょこちょこツイートするようになってからは、フォロワーも増えてきて、交流も広がりました。ツイッターのフォロワーを介して、仕事をもらうこともあり、単なる暇つぶし以上のものだった時期もあります」(前田さん)

 しかし、前田さんは、現在ツイートすることはほぼなくなってしまったという。

「仲間内のつながりを楽しみつつ、それなりに外部への発信もできるという感じで、緩く活用できている感がありました。でも、いつからか、ちょっとしたテレビ番組やニュースへの感想をつぶやくと、知らない人がリプライを飛ばしてきて、いわゆる“文句”を言ってくるようなことが増えてきたんです。

 炎上するほどのことはなくても、知らない人からよくわからない意見を言われるのは不快。結局、そんな状況に嫌気が差して、2018年くらいからはほとんどつぶやかなくなりました」(前田さん)

 前田さんの仕事仲間もどんどんツイッターからいなくなっているようだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。