マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナで窮地、観光地土産物店の生き残り策 地元住民の評判は

2020年6月16日 15:00

観光地は苦境を脱することができるか(京都)
観光地は苦境を脱することができるか(京都)

 新型コロナウイルスの影響により、観光地はどこもガラガラ。旅行会社や交通、宿泊施設はもとより、土産物店も苦境に立たされている。頼みの綱はネット通販のほか、普段はターゲットではない地元住民だ。土産物店が生き残りをかけた必死のアピールは、住民の目にはどう映っているのか。

「助けてください」の悲鳴に、近隣住民がこぞって購入

 お土産の定番と言えば、まんじゅうやクッキーなどの箱入り菓子。九州の温泉地に住む会社員・Aさん(40代/女性)は、地元の駅でこんな光景を目にするようになった。

「その駅では、消費期限が迫っているクッキーやパイが、すべて半額で売られていました。陳列棚には『助けてください』というポップが貼られていて、たまたま通りがかった住民が救いの手を伸べるべく、買っている状態。余っているという噂を聞いて、まとめ買いし、遠くに住む孫や親戚に送っている高齢者もいるようです」(Aさん)

 Aさんも、半額になったその箱入り菓子を買ったものの、土産物の価格に考えさせられたという。

「私も応援のためにと、通常800円する10袋入りのパイを半額で2箱買いました。でも、大きな声では言えませんが、自宅用にするには、400円でも正直高いなぁ、という印象。ついでにお洒落な小瓶に入った地野菜のピクルスも買ってみましたが、これは割引なしで1瓶1000円。もちろん味は美味しかったですが、日常の買い物としてはハードルが高すぎます。

 土産物は包装代とか、“そこでしか買えない”という付加価値があってこそのもの。ある程度割高になるのは仕方ないのかもしれませんが、半額になっても自分のためには躊躇する金額というのは、やはり高いですよね」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。