マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナで窮地、観光地土産物店の生き残り策 地元住民の評判は

2020年6月16日 15:00

お土産の新定番は“ご当地Tシャツ”ならぬ“ご当地マスク”

 北陸地方の観光地に住む主婦・Bさん(30代/女性)は、和柄やご当地キャラクターがプリントされた“ご当地マスク”や、疫病退散の“アマビエ”をモチーフにした土産品をあちこちで見かけるようになったと話す。

「デパート等で、いろんな柄の“ご当地マスク”が1枚600円程度で売られていて、私もついつい1枚買ってしまいました。柄も可愛いし、手ぬぐいの布地で通気性も良さそうなので。今後は、“ご当地Tシャツ”的な位置づけで定着するのかなと思って見ています。また、地元の作家によるアマビエ(疫病よけの妖怪)関連の置物やグッズもかなり多くて、売れ行きは悪くないようです」(Cさん)

シンプルなパッケージに変更し、価格も見直し

 日本有数の観光地・京都市内でオーガニックコスメを販売するCさん(30代/女性)は、あえて“京都らしさ”をなくした商品を投入したところ、売り上げの落ち込みが止まったという。

「これまでは、“京都らしさ”が感じられるパッケージにも力を入れていました。しかし、それで喜ぶのは観光客だけ。地元の方には響きませんし、特別なパッケージということで、やや割高になるのは事実です。

 観光客がいなくなったため、地元住民向けに、手洗い用のハンドソープや、マスクに吹きかけるタイプのフレグランスを、シンプルなパッケージで価格も20%ほど抑えて販売したところ、売れ行きは好調。大量購入してくれる地元の企業も見つかりました。観光客減少による売上の減少をなんとか補填できそうです」(Cさん)

 地元住民の目はシビア。観光客が来なくなった今、地元民も良いと認めることができるような商品作りが、生き残りの鍵なのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。