マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療費高いがん手術 「保険適用外」を選ぶメリット・デメリット

2020年6月21日 16:00

がんの治療費はステージで変わる
がんの治療費はステージで変わる

 日本人の死因第1位であり、2人に1人がかかるがん。治療法は保険診療が主流だが、命に関わる病気ゆえに「保険適用外の治療(自由診療や先進医療)を試したい」という人もいるだろう。

 治療法によってがんの費用はどう変わるのか。京都大学大学院医学研究科消化器外科医の山本健人医師が話す。

「がんの3大療法は、手術、抗がん剤などの化学療法、放射線治療です。最近はノーベル賞で話題になった免疫チェックポイント阻害薬を加えて、4大療法と言われることもあります」

 どの治療法を選ぶかは、がんの部位やステージによって異なり、費用もケースバイケースとなる。

「たとえば大腸がんの場合、ごく初期のうちは内視鏡(大腸カメラ)で治療し、進行すると手術や抗がん剤治療が必要となります」(前出・山本氏)

 費用の目安は、内視鏡治療が7万~23万円(3割負担で2万~7万円)、腹腔鏡手術が100万~150万円(同30万~45万円)だ。

「抗がん剤は種類によって値段に幅があり、最も安価なメニューで1か月10万~30万円(同3万~9万円)ほど。主に他の臓器に転移したがんや、再発したがんに利用する『分子標的薬』の場合、1か月で70万~100万円(同21万~30万円)もかかります」(前出・山本氏)

 命には代えられないとはいえ、がん治療は多額の出費を伴うのである。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。