マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

地方移住やってみた 秩父の空き家バンクを利用したある家族の生活

2020年6月18日 15:00

細野さん一家は、移住して、健康と気持ちのゆとりを得た
細野さん一家は、移住して、健康と気持ちのゆとりを得た

 全国的に空き家が急増し、社会問題となっている中、「空き家バンク」という取り組みがある。地方公共団体が空き家の登録を募り、買いたい人・借りたい人の橋渡しを行うものだ。その活動を通し地域活性化を図り、注目されているのが埼玉県秩父地域で、移住や二地域居住先として関心が高まっている。現在までの物件登録数の累計は446件、成約は208件。これは県内トップの実績だという。

 2016年に、空き家バンクを利用して都内から横瀬町の別荘地に移住した家族がいる。日本二百名山の1つ、武甲山の中腹に位置する山小屋風の建物は築27年。間取りは2LDK。購入額はおよそ600万円だった。

 ここで暮らし、車で15分ほどの秩父市内の食堂を夫婦で切り盛りするのは細野かの子さん(52才)だ。

 夫の昌行さん(46才)、娘の蒔結ちゃん(8才)。そしてドーベルマンなどの大型犬4匹と生活している。移住して4年が経過した細野さんに、以前の暮らしぶりを聞いた。

「父親の介護のために実家に戻り、料理人の夫とともに弁当店を始めました。当時、娘は喘息がひどく、虚弱体質。朝起きても布団の上で正座をしたまま動けない日もたびたびありました。

 アトピー性皮膚炎もあり、4才になってもベビーカーが必要なほど、体も小さかったのです。秩父に移住したいちばんの目的は娘の健康改善。次に大型犬を広い場所で散歩をさせてあげたかった」

 蒔結ちゃんの症状はすっかり落ち着き、小学3年生となったいま、体格もその年代の平均値だという。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。