マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

今なお「おうち時間」を続ける人々の満足感 無駄を排除したお得生活

2020年7月24日 15:00

在宅ワークを続けたことで、会社での無駄な時間がわかった?(イメージ)
在宅ワークを続けたことで、会社での無駄な時間がわかった?(イメージ)

 緊急事態宣言が出されていた期間は、多くの人々がステイホームを心がけながらも「早く自由に出かけたい」と願っていたことだろう。その後、外出自粛期間が終わると、街なかには徐々に人が増え、“日常”が取り戻されるようになった。しかし、その一方で新型コロナウイルスの感染者数が再び増加。今一度、徹底した感染抑制が叫ばれている。

 そんななか、今なお“おうち時間”を貫いているという人がいる。都内在住の山崎さん(仮名、30代男性)は、ウェブサイト、スマホアプリなどの制作を行うIT企業に勤務。今年の3月くらいからテレワークとなり、緊急事態宣言解除後も基本的に自宅で仕事をしているという。

「私は主にビジュアルデザインを担当していて、パソコンがあれば仕事ができます。コロナ前は毎日朝10時に出勤し、夕方6時までみっちりオフィスで仕事をしていました。でも、テレワークになって、ほぼすべての仕事が自宅でできるということが判明し、結局そのまま続いているという状況です。

 とにかく満員電車に乗らなくていいのが最大のメリット。以前は朝のラッシュで気分が悪くなるようなこともあったのですが、そういった体調不良は一切なくなりました。睡眠時間もしっかり取れるし、今となっては毎日出勤するなんて考えられません」(山崎さん)

 さらに、山崎さんは、今でも最低限の買い物以外は、極力外出しない生活を続けている。

「トイレットペーパーのような生活必需品は、ネット通販でまとめ買いしています。割引クーポンなんかを駆使すると、お店で買うより安くなることも多い。いろいろなクーポンサービスを調べて、お得な買い物をするのもちょっとした楽しみです。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。