マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

大型合併を次々成功させた中山素平氏がソフトバンク社長だったら…

2020年8月14日 7:00

広く日本の産業界を育成した実績を持つ中山素平氏(時事通信フォト)
広く日本の産業界を育成した実績を持つ中山素平氏(時事通信フォト)

 最終的には倒産したが、1965年に山一証券が経営危機に陥ったときは、田中角栄大蔵大臣を説得して、日銀特融を実施させて救済したこともある。

 1966年に日産自動車とプリンス自動車を合併させたのも中山氏で、これによりトヨタと双璧をなす国産車メーカーが誕生した。1962年には東邦海運と日鉄汽船を合併して新和海運を設立し、日本が海運国として生き延び、成長する下地を整えた。

 中山氏は単なる企業再編ではなく、日本の産業界がどういう方向に進むべきかという展望をもって、必要な産業を育てるように仕掛けていった。

 ソフトバンクGの事業には将来の産業界を担うジャンルが多い。ライドシェア・ビジネスでもウーバーや中国の滴滴出行などに出資していて、トヨタとは自動走行技術などを研究開発するモネ・テクノロジーズという合弁会社を立ち上げている。こうした未来の産業が切り売りされてしまうのは、いかにももったいない。

 中山氏であれば、あまたの企業を叩き売るのではなく、有望な事業は育成して独り立ちできるまで育てて、利益を借金返済に充当し、それが難しい場合も別の企業と合併させて、事業を大化けさせるようなことができるのではないかと夢想してしまうのである。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。