マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ禍の夏の電車内 窓開放でも暑くならない凄い空調能力

2020年8月6日 7:00

コロナの感染拡大を防ぐため窓を開けて運行するJR山手線(写真/時事通信フォト)

 本格的な夏を前に、新型コロナウイルス感染者数は全国で拡大し続けている。鉄道各社は「三密」を避けるため、電車の窓を開けるなど換気を徹底しているが、それによって冷房が効かず車内が蒸し暑くなり、熱中症リスクを心配する人もいるかもしれない。コロナ禍の夏に気になる鉄道の空調能力について、鉄道ジャーナリストの梅原淳さんが解説する。

 * * *
 今年もまたクーラーの恋しい季節がやって来た。冷房が効いた電車内は夏の火照った身体を冷やすのに最適だ。しかし、今年は換気のため窓を開けて運行するため、夏の電車内は蒸し風呂状態になるのでは、と心配する人も少なくない。だが、結論から言えばその心配は無用。なぜなら、首都圏を中心とした各鉄道会社は、たとえ窓を全開にして運行し続けても、それを上回る大規模な空調設備を備えているからだ。

 そもそも都市部の主な電車は、数分走ると駅に着き、1両当たり3~4か所の扉が一斉に開くといった流れを繰り返すため、車内は冷えにくく、暑くなりやすい環境にある。さらに、国で定められた車内の換気基準は非常に厳しい。窓や通風口を使って行う自然換気の場合、窓などの開口部の面積の合計は車両床面積の20分の1以上としなければならない。また、換気装置を使う場合は、1人1時間当たりの換気量を13立方mとし、換気量は乗客定員の2倍以上とすることが求められている。

 この状況をたとえるなら、「屋根だけあって壁のない部屋」を冷やしているようなもの。鉄道各社は、この厳しい基準をクリアするため窓や換気装置に加え、クーラーの外気導入をフル稼働して換気しているのだ。

 その冷房能力もとてつもなく大きい。例えば山手線の車両の場合、1両当たりの床面積はおよそ54.6平方mなのに対し、クーラーの冷房能力は58.14kW。一方、空調メーカーのダイキンによると、山手線の車両と同じ床面積の飲食店向けに適したクーラーの冷房能力は最大11.2kWだ。焼肉店やお好み焼き店のように、いかにも暑くなりそうな飲食店向けにさらに大きなクーラーを選んでも、冷房能力は最大14.0kWに過ぎない。

 つまり、山手線の車両に搭載されたクーラーは、同じ床面積の飲食店向けのものと比べて4倍余りの冷房能力を備えている。逆に言えば、これだけの冷房能力がないと車内の温度は下がらず、換気も出来ないのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。