トレンド

アベノマスクをリメイクする人たち 子供用、JKデコ、西村大臣風も

アベノマスクに一手間加えてリメイクする人たち

アベノマスクに一手間加えてリメイクする人たち

 政府から全国民に配布されるも、一部からは不評の声も出ていた通称「アベノマスク」。使わずにしまいこんだままにしたり、手放したりする人がいる一方で、リメイクやアレンジを楽しんでいる人たちもいる。フリマサイト「メルカリ」では装飾やリメイクをするためのグッズが多数出品されているほか、女子高生の間でもデコレーションをして楽しむアレンジが流行しているという。

 20代の女性会社員・Aさんが、アベノマスクのリメイクに取り組むきっかけになったのは、テレビで西村康稔経済再生担当大臣のマスクを目にしたことだった。

西村康稔大臣の立体的なマスクはどんな構造になっている?(時事通信フォト)

西村康稔大臣の立体的なマスクはどんな構造になっている?(時事通信フォト)

「西村大臣が着用していた立体的というか、舟みたいな形をした折り上げマスクが気になって、どうにかして作れないかなと思っていたら、YouTubeにアベノマスクを西村大臣風にリメイクする動画があったんです。正直、自粛期間で暇を持て余していなかったら、作ろうという発想にはなっていないし、思っても絶対にやらなかったでしょうね(笑)」(Aさん)

 30代の女性会社員・Bさんは、アベノマスクを利用し、子供用のマスクを手作りするママ友が続出したことに影響されたという。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。