マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

プチプラにパート代8万円を注ぎ込む妻 夫が気付かぬ心理とは

2020年8月20日 16:00

女性に人気のプチプラ・ファッション(イメージ)

 女性向けファッション誌などで特集されることが多い“プチプラ(プチプライス)アイテム”。安価だがおしゃれで実用的な洋服や雑貨、化粧品などを指す言葉だ。だが、塵も積もれば山となる。フリーライターの吉田みく氏が、プチプラにハマった妻をもつ30代男性に話を聞いた。

 * * *
 埼玉県に住む銀行員の瀬田さん(仮名・32歳)の悩みは、妻(30歳)がやめないプチプラアイテムの購入だそうだ。瀬田さんが語る。

「毎日ネット通販をチェック、週末は私とショッピングモールへ。頭の中はいつも買い物のことでいっぱいみたいです」

 しかし、妻への不満をあまり強くは言えない。「妻もパートで頑張っていますので……」と遠慮がちに瀬田さんは言う。

 プチプラとはプチ(小さな)プライス(価格)の略で、安価な洋服や雑貨、化粧品などを指す。商品の値段は1つあたり1000〜2000円が中心で、高くても3000円程度。中には500円程度のワンコイン商品もある。

 金額は安くても高品質なアイテムが多く、コストパフォーマンスの高さでも注目を集めている。こうしたプチプラアイテムが売っているのは主に大型ショッピングモールの店舗やインターネットショップだ。

 プチプラには年齢を問わず注目が集まっており、10代の若者だけでなくミセス世代でも話題となっている。ローコストであることを感じさせない“高見えコーディネート”は、メディアやSNSを通じて社会現象になりつつあるようだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。