マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナが拍車をかける「クリーニング離れ」 利用者の行動様式に変化も

2020年8月19日 16:00

気がつけばクリーニングに出す頻度が減っている?(イメージ)
気がつけばクリーニングに出す頻度が減っている?(イメージ)

 新型コロナウイルスの影響で、クリーニング店を利用する人たちが減っている。業界大手の白洋舎が7月31日に発表した2020年12月期の業績予想(連結)は、売上高は前期502億7400万から387億円に減少、純利益は41億円の赤字の見通しだ。

 主な要因として、店舗の休業対応をはじめ、取引先のホテルの稼働率が大幅に低下、個人客のクリーニング需要の低下などがあるという。「クリーニング離れ」ともいえるこの現象の背景を、利用者の声から探った。

「子どもの制服などで定期的に利用しているお店のご主人から、コロナの外出自粛が続いて『経営が厳しい』と話を聞きました。確かに近所のクリーニング屋さんの中にも廃業したところがあります」

 そう話すのは、中学生と高校生の子供を持つ40代女性の主婦・Aさん。もともとAさんは年々、クリーニング店の利用頻度が減っていたが、これに新型コロナが拍車をかけた面があるという。

「クリーニング料金って、結構するじゃないですか。例えば一着数万円のコートをクリーニングに出すと、何千円かする。一方で、洋服代はどんどん安くなる。そうなると、冬物なんかはクリーニングに出さないで数年着倒して、処分してもいいかなという気持ちになってきてしまって……。

 今までなら季節の変わり目にクリーニングに出していたものも、今年はコロナでずっと家にいるのだし、家で洗ってみようかなと思ってやってみました。以前からシャツは基本的にノーアイロン仕様のものを買うようにしているし、シワが多少残ってもスチーマーで処理。ウールやアクリルなどといった素材でも、洗濯機の手洗いモードとネット、専用洗剤で対応できました。セーターやニットには、平干し用ネットで干せば伸びないし縮みません。最近は、コインランドリーで安く羽毛布団も洗えることを知り、ハマりそうです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。