マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

元同級生のランチ女子会で亀裂 コロナ禍で分断された金銭感覚

2020年8月25日 16:00

みんなどうやって飲食店を予約しているのか?(イメージ)
お洒落でリッチなランチ会のはずが…(イメージ)

 新型コロナウイルス感染拡大で一変した社会・経済状況。その影響は身近な人間関係にもじわじわと迫ってきた。コロナ禍を経て友人関係が変化した一例をフリーライターの吉田みく氏が報告する。

 * * *
「滅多にないランチ会で“お金が厳しい”って言われて」──都内在住、広告代理店で働く池田美沙さん(仮名・31歳)は、そう不満を漏らした。池田さんは現在独身で恋人もいない。実家を出て一人暮らし。仕事一筋のキャリアウーマンである。

 池田さんは、大学時代の友人たちと定期的にランチ会を開催している。メンバーは、子育て中の専業主婦A子さん、派遣の事務職 B子さん、そして池田さんの3人。“自分へのご褒美”として、3000円前後と高めのランチを、年に4回ほどの頻度で楽しんできた。

 しかし新型コロナウイルス蔓延の影響でランチ会は一旦中止に。緊急事態宣言が解除された頃、池田さんは思い切って再開を提案してみたそうだ。

「私としては快諾されると思ったのですが、イマイチな反応でした」(池田さん、以下同)

 A子さんは新型コロナウイルスに感染することを恐れており、“感染対策がしっかりとしたお店なら参加できる”と言ってきた。

「小さい子供もいますしね。敏感になるのは仕方がないかなぁって思いました」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。