マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

油断しがちな「9月の紫外線」、特に今年は要注意

2020年8月29日 7:00

昨年は9月に入っても猛暑が続いた(2019年、写真/時事通信フォト)

 毎日何気なく目にする天気予報。だが、通勤や移動、旅行の計画から健康状態まで、天候の変化は日々の暮らしに大きく影響するもの。気象予報士の田家康さんが、旬なテーマをピックアップし、知って得する天気のお役立ち情報をわかりやすく伝える。今回は、油断しがちな9月の紫外線について。

 * * *
 もうすぐ9月に入るというのに、まだまだ日差しの強い日々が続いている。特に今年の夏は、猛暑と熱帯夜の日数が平年より2倍以上多いとされる。そのため9月も引き続き暖かい空気が流れ込みやすく、秋のお彼岸の頃までは残暑が厳しい見通しだ。そこで気になるのが夏の紫外線。今年の9月は7月並みの紫外線量となる地域もあり、油断は禁物だ。

「紫外線」と一言で言っても、波長の短い順からC領域(UVC)、B領域(UVB)、A領域(UVA)と、波長の長さによって3種類に分けられる。C領域は、大気上層にある酸素やオゾンによって完全に吸収されるため、地上では観測されない。B領域も同様の理由で地表に届くのはごくわずかだが、少量でも遺伝子に影響を及ぼす有害なもので、皮膚がんの一因となる。また、B領域は肌の日焼けを起こし色素沈着により肌も黒くなる。巷で言われる「UVケア」の対象はB領域のことなのだ。なお、A領域は身体に影響がないとされ、日焼けサロンで利用されているが、近年では長期間の照射により肌の老化を促すと言われる。

 紫外線量の多さを示す指標として「UVインデックス」がある。これはB領域からA領域の波長を細かく分け、地上での波長の強度を示したもの。強度が1~2の「弱い」は、安心して戸外で過ごすことができ、3~5の「中程度」及び6~7の「強い」は、日中は日陰で過ごし、日焼け止めクリームの利用や帽子の着用が推奨される。8~10の「非常に強い」及び11以上の「極端に強い」になると、外出は出来るだけ控え、日焼け止めクリームの利用や帽子、長袖シャツの着用が必須とされる。

 例年のUVインデックスの傾向は、東京の場合、4月の平均が中程度の「4」台半ばであるのに対し、5月の平均は「5」台半ばから後半と一気に上昇する。この時期から、テレビなどの気象番組では紫外線対策を取り上げはじめ、街角や電車内などでも化粧品会社によるUVケア商品の広告が目立つようになる。その後、日照時間を反映して7~8月にUVインデックスのピークが訪れる。年によってバラツキはあるが、東京では概ね「6」台と「強い」時期が続き、9月に入ると秋に向けて緩やかに低下していく。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。