マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

苦戦が続く「いきなり!ステーキ」、相次ぐ仕様変更に愛好者の思いは

2020年9月13日 15:00

いきなり!ステーキの仕様変更をどう考える?(時事通信フォト)

 一時期は1000店舗を目標に店舗数を増やしていた『いきなり!ステーキ』。だが、2019年12月に490店舗まで伸ばすも、今年7月時点では374店舗に減っている。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう説明する。

「『いきなり!ステーキ』は2018年頃、急速に店舗を増やしました。しかし、近隣に出店するケースもあり、その結果、自社店舗同士が競合するという問題も生じてしまった。また、出店スピードに従業員の教育が追いつかず、オペーレーションの面で上手くいかないこともあったとも言われています。

 そこに新型コロナウイルスの感染拡大による客足の激減も伴って、業績が悪化。いきなり!ステーキやペッパーランチを運営するペッパーフードサービスは、今年7月に両チェーンを合わせて114店舗を閉店すると発表しています」

 8月31日には、いきなり!ステーキで使用できるプリペイドサービス「肉マネー」を2021年12月で終了することが発表された。同社によると、「決済サービスが充実したこと」を肉マネー廃止の理由としており、現在はクレジットカードや交通系電子マネーを使用でき、9月以降はQRコード決済も利用できるようになるという。

 この肉マネー廃止にがっかりするユーザーも少なくない。肉マネーを活用していた都内在住の会社員・Aさん(40代女性)は、こう話す。

「肉マネーはチャージする金額に応じてボーナスポイントが付いてくるので、とてもお得だったんです。誕生日に肉マネーのプリペイドカードをプレゼントしてもらうこともありました。“肉の日”のチャージボーナス5倍サービスも嬉しかったんですが、そのサービスが中止になっていたので、怪しいとは思っていたんですよね……」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。