マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

マスク生活を楽しむ人たちの工夫とこだわり コーディネートや収集も

2020年9月17日 15:00

それぞれのマスク生活のこだわりとは?
それぞれのマスク生活のこだわりとは?

 新型コロナウイルスの流行によるマスク生活も約半年が過ぎた。未だに終わりが見えず、マスクが手放せない日々が続いている。苦痛だった夏場を乗り越え、涼しい季節も見えてきた。長期戦が余儀なくされる中、マスク生活にストレスや疲れを覚える人は多いだろう。

 一方で、長期戦を覚悟し、ちょっとした工夫やこだわりで前向きに捉える人たちもいる。 “マスクがある日常”を充実させる人たちの動向を覗いてみた。

 30代の女性会社員・Aさんは、当初マスク生活にかなりのストレスを抱えていた。感染拡大抑制のためとわかってはいても、皮膚は荒れるし汗はかくし、何かと煩わしさを感じていた。そんなとき、70代の義母が実践していたマスクの楽しみ方を知った。

「義母はおしゃれでいつもポジティブ。東京郊外に住む義母の家を訪れたとき、黄色のカーディガンに手作りの黄色のマスクという出で立ちだったんです。黒の服のときは黒マスクというように、服と合わせてマスクもコーディネートしていることを知りました」

 いつも同じ不織布の白いマスクを着けていたAさんは驚くとともに、義母からの言葉に救われたという。

「『コロナでみんなイライラしてるけど、私までイライラする必要ないじゃない』『何となく気分がよいことが続くと、幸せに感じるし、大きな幸せにも近づく気がするでしょ?』と、お手製カラーマスクでおしゃれを楽しむ理由を話してくれました。マスク生活を乗り切るヒントばかりか、生き方のヒントまでもらいました。感謝しています」(Aさん)

 Aさんはおしゃれを楽しむ志向にチェンジし、カラフルなマスクや変わったかたちのマスクも楽しむようになった。あるとき、小学生の息子が、どこかで見かけたのか、「仮面ライダーみたいなマスクがいい。僕にも作って!」と言ってきたというAさん。「作ろうと思います」と微笑む。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。