マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

人気の狭小住宅や駅チカ物件 定年後にはリスクになることも

2020年9月25日 15:00 週刊ポスト

定年後のライフスタイルも踏まえて住まいを選びたい(イメージ)
定年後のライフスタイルも踏まえて住まいを選びたい(イメージ)

 コロナや災害で不動産需要が激変する中、住まい選びのうえで大切なのは需要の高まりが一過性のものか、長期的に続くかを見極めることだ。一歩間違えると、「地獄の老後」を招きかねない家を選んでしまうことになる。

 在宅勤務を継続的に導入する企業が増えるとともに、郊外の一戸建てのニーズは増えている。しかし、住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう指摘する。

「定年までテレワークが認められる職務環境だとしても、再雇用・再就職時も同じ環境で働けるかは分かりません。グループ企業の現場に復帰した場合、多摩地区の自宅から23区東部の職場まで毎日通勤となるようなケースもあり得る。定年後の働き方まで考える必要があります」

 小さくても良いから都心に戸建てを――そんな需要から近年、人気を集めるのが「狭小住宅」だ。不動産ジャーナリストの榊淳司氏がこう指摘する。

「一般に50平米以下の狭い土地に建てられた戸建てで、4000万~5000万円と価格が安く、床面積を増やすために3階、4階建てにする人が多い。ただし、シニア世代になれば3階建ての階段の上り下りは大変ですし、日当たりが悪く冷暖房が効きにくいデメリットもある。古くなった建物部分も、狭い土地も売却しにくくなり、不便な家に住み続けることになってしまう」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。