マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

松屋と吉野家の「豚の生姜焼き定食」、肉の大きさも味も全然違う!

2020年9月29日 16:00

松屋『豚肩ロースの生姜焼定食』
松屋『豚肩ロースの生姜焼定食』

 定食の“ど定番”ともいえるのが、「豚の生姜焼き定食」。多くの定食チェーンで定番メニューとして提供されているのはもちろんのこと、牛丼チェーンでもお馴染みのメニューとなっている。そこで、松屋と吉野家という2大牛丼チェーンの豚の生姜焼き定食を食べ比べ、両店の特徴の違いを比較してみた。

 まずは松屋。『豚肩ロースの生姜焼定食』(660円、税込み)が、定番メニューとして販売されている。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう説明する。

「松屋の“焼肉定食”は、テーブルセットにあるソースを自分で選ぶシステムですが、この『豚肩ロースの生姜焼定食』は特製生姜タレを使って調理しているのが特徴です。また、野菜サラダもお肉と同じ皿に盛ってあり、たっぷりのマヨネーズも付いてきます。松屋の定食の中では、かなり個性的なメニューです」

 この松屋の『豚肩ロースの生姜焼定食』を、マネーポストのチェーン店グルメ担当記者Aが実食した。

「松屋の定食のお肉というと、薄切りのイメージがあったんですが、この豚ロース肉は結構厚めで大きくカットされていて、しっかりとした食べごたえがあります。生姜タレは濃厚でガツンとしていて、マヨネーズを絡めていくことでまろやかになってくる印象。味をちょっとずつ変化させながら食べられるのは、とても嬉しいです」

個性的な吉野家の豚生姜焼き定食

吉野家『豚生姜焼き定食』
吉野家『豚生姜焼き定食』

 吉野家では『豚生姜焼き定食』(税込み657円)が季節限定メニューとして販売されている(2020年9月現在)。

「ごはん、味噌汁、鉄鍋にのった豚の生姜焼き、野菜サラダのセットです。生姜の風味が強いタレがとても個性的なメニューとなっています」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。