マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

動物愛護に目覚めた「アンチ毛皮」の友人に寄付を求められた女性の困惑

2020年10月8日 17:00

毛皮を着ているだけで攻撃される?(イメージ。Getty Images)
毛皮を着ているだけで攻撃される?(イメージ。Getty Images)

 自分の信条やこだわりを持つことは決して悪いことではないが、それが行き過ぎると、他人の考えを否定し自分の主張だけを押し通そうとしてしまうケースも少なくない。そういった言動に直面して、困っているという人もいるのではないだろうか?

 クレーム対応の達人であり、謝罪マスターの竹中功さんによると、「自分に自信がない人ほど、こだわりを他人に押し付ける傾向がある」という。とはいえ、悪気がないからといって、“身勝手なこだわり論”に耳を傾ける必要はない。リアルケースに沿った形で、こだわりが強すぎる人への対処法を竹中さんに教えてもらった。

【CASE1】「アンチ毛皮」活動女性からの寄付請求

 学生時代の親友・麻利子(51才)と昨年末、久しぶりに会うことに。待ち合わせ場所に行くと、私を見るなり彼女の顔が蒼白に。私のコートの襟にファーがついていたのですが、それを指さし、「その襟のために、生きたまま皮をはがされたかわいそうな動物がいるのよ」と叫ぶと、「気分が悪い」と言って帰ってしまいました。あまりの剣幕に驚き、事情を知っている共通の知人に聞いてみると、麻利子は熱心な動物愛護活動家になったのだそう。

 デパートの毛皮売り場で買い物をしようとする人をつかまえては、毛皮をはがされた動物の写真を見せ、「あなたはこの残虐行為に加担するんですか?」などと説教。店側から出禁にされたりしているのだとか。麻利子の言うこともわかるし、このまま縁が切れてしまうのはさびしいので、もう一度会うことに。すると、驚いたことに、多額の寄付を頼まれたのです……。

 麻利子は純真な子だったので、真剣に動物たちの現状を憂い、行動しているのはよくわかります。ただ、行きすぎた面も見られるので、少し距離を置いて見守ろうかと思っています。(51才・会社員)

【竹中さんのアドバイス】
相手が熱くなっていたら「おちゃらけ作戦」でかわす手も

 こだわりすぎて周りが見えなくなっている人に言い返しても、無用な争いが生まれるだけ。特に金銭を要求されるような場合は、のらりくらりとかわして戦いを回避するのがおすすめ。可能ならば、「ごめん、聞こえなかった」などと言い続ける、おちゃらけ作戦をとってもいいでしょう。相手にとって無用な人間と思わせたら勝ちです。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。