マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

電子決済の怖さを知った男子学生が「小銭ジャラジャラマン」になるまで

2020年10月7日 16:00

キャッシュレスをやめた理由とは(イメージ)

「ドコモ口座」を通じて行われた預金不正引き出し事件の全国での被害額は、3000万円近くに達した(9月末時点)。現金を用いず手元のスマートフォンやパソコンで決済できる仕組みは確かに便利だが、その分、利用には細心の注意も必要となる。フリーライターの吉田みく氏が、「電子決済は怖い」と語る20代の大学生に話を聞いた。

 * * *
「ポイント還元につられて、色々な決済サービスに登録してしまいました」──千葉県在住の大学生、田中祐さん(仮名・21歳)は、キャッシュレス決済を利用し過ぎたことで、痛い思いをしたという。

 ここ数年、現金の代わりにクレジットカードやQRコードを用いるキャッシュレス決済(電子決済)の認知度が上がってきている。世界的にはすでに普及していることもあり、政府は昨年から今年にかけ「キャッシュレス・ポイント還元事業」を展開、日本でもキャッシュレス文化を根付かせようとしてきた。

 最近でも全国民を対象にした「マイナポイント事業」が9月に始まるなど、キャッシュレスはより身近な存在になろうとしている。経済産業省によると、昨年の全体の消費額に占めるキャッシュレス決済比率は26.8%だった。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、キャッシュレスなら接触機会を減らせるとの期待から、利用率はさらに上がっていくだろう。

 そうしたなか田中さんは、事業者による顧客獲得のための還元キャンペーンを見つけるたびに、会員登録を行ったそうだ。確実に覚えているのは5社とのことだが、もしかしたら他にも登録しているかもしれないと話す。

「今思えば、銀行口座との紐づけを求められることが多かったです。でも会員登録する時はそんなのどうでも良くて、ポイントが貰えるほうが嬉しくて仕方がなかったです」(田中さん、以下同)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。