マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

在職老齢年金新ルール 働き続けることで年金を増やすことが可能に

2020年10月11日 11:00

年金制度改正を受けて働き方をどう考えるか(イメージ)
年金制度改正を受けて働き方をどう考えるか(イメージ)

 新型コロナウイルスが経済に打撃を与え、政府は“社会保障の大幅カット”に舵を切ろうとしている──。老後への不安が募るなか、現行制度のもとで収入と蓄えを確保しておくことが重要となる。最新の年金ルールに対応した「働き方」や「もらい方」を工夫することが、未来の生活防衛策となるのだ。

 今年6月に公布された年金制度改正法の目玉のひとつが、「在職老齢年金制度」の見直しだ。現在、64歳まで会社で働きながら厚生年金を受け取る場合、「給料と年金の合計が月28万円」を上回ると超過分の半額の年金がカットされる。だが、2022年4月以降は、カットとなる基準が「給料と年金の合計が月47万円」へと大幅緩和されるのだ。

働き方を変えてみる

 これまでは年金カットを回避するため、定年後は厚生年金に加入せずアルバイトなどで働いたり、時短勤務で給与を抑える働き方が主流だった。しかし、年金カットの基準が緩和されたことで、給与を抑える必要もなくなってくる。“年金博士”こと社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。

「在職老齢年金の見直しで、働き方の常識も変わります。今後は、できるだけ長く会社に残り、社員としてたくさん稼ぐのが賢い選択です」

 長く会社勤めできる人材に求められるのは、仕事上の技術や能力だ。人事ジャーナリストの溝上憲文氏が指摘する。

「今の会社が最も求めるのはITスキル。オンラインを利用した会議や営業が増えるなか、ITを使いこなせる技術は必須です。また、資格や人脈は多ければ多いほどいい。例えば第二種電気工事士の資格を取得したことで、中小企業に採用された例もある。現役のうちに社内の研修制度などで資格を取得し、人脈を築く努力が欠かせません」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。