マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「24時間ファミレス」消滅の危機 居場所を失う“深夜族”たちの嘆き

2020年10月10日 15:00

“深夜族”たちからは嘆きの声も
“深夜族”たちからは嘆きの声も

 働き方改革や人手不足の流れに新型コロナウイルスの感染拡大が相まって、ファミリーレストランの時短営業が加速している。今年7月からはガストやバーミヤン、ジョナサンなどが全店の営業終了時間を 23時30分に変更し、深夜営業を廃止している。ジョイフルも200店舗閉鎖、24時間営業の縮小を発表している。

 こうした「脱・深夜営業」の流れに気が気でないのは “深夜族”だ。彼らの主戦場ともいえるファミレスが奪われた今、何を思い、どこに居場所を見出しているのだろうか。

「私の自宅近くのファミレスも深夜営業がなくなりました。僕はフリーランスで、よくファミレスで仕事をしていました。自宅だと集中できないし、すぐに怠けてしまうので……。独立してから5年間、ずっと深夜にお世話になっていたのでショックです」

 そう嘆くのは30代のフリーランス男性・Aさんだ。行きつけのファミレスには、週4日以上深夜に通っていたといい、独特の空間や暗黙のマナーのようなものがあったと振り返る。

「オフィス街に住んでいるので、客層は仕事している人が多く、週末には終電を逃したサラリーマンが多かったです。普通のカップル、バンドマンや水商売関係の人も。別れ話やケンカなどのドラマもありました。店員さんには、顔を覚えられていて、ちょっとした雑談も楽しかったものです。適度な緊張感と謎の安心感で、とにかく深夜のファミレスは仕事が捗りました。仕事終わりのビールがまた格別にうまかったな……」(Aさん)

 深夜のファミレスという大切な居場所と職場を失った今、Aさんはどこでどのように仕事をしているのだろうか。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。