マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「24時間ファミレス」消滅の危機 居場所を失う“深夜族”たちの嘆き

2020年10月10日 15:00 マネーポストWEB

「閉店時間を気にしなくていいのはネカフェ(ネットカフェ)ですが、マンガやゲームなどの誘惑も多くて危険。お金もかかりますし、やっぱりファミレスが恋しい。深夜営業しているところでは、秋葉原のココス、赤坂のジョイフルがお気に入り。デニーズは24時までの短縮営業中なので今後の深夜営業復活に期待です。自宅から遠征して懐かしさに浸っています」(Aさん)

 40代男性会社員・Bさんは、週末の深夜のファミレスで資格の勉強をしたり、仕事を片付けたりしていたという。

「家だと集中できないので、ファミレスで勉強や仕事をしていました。いつも最初にドリンクバーを注文して、資格の勉強に区切りがつくとおつまみとご褒美のビールでした。深夜のファミレスの一時は、家庭や仕事のストレスから逃れられる場所でリラックスできるものでした。コロナになってから、近所のファミレスが時短営業になり行き詰っています……」

 ファミレスでの憩いの時間が“ガス抜き”になっていたというBさん。コロナ禍で在宅勤務になってからは、妻との関係がギクシャクしている。一つの解決案として、ホテルに泊まるという選択肢も検討中だ。

「別居や離婚するという選択肢はありません。多分お互い1人の時間が欲しいのだと思います。ネットカフェも試しましたが、何か違う気がしました。Go Toトラベルを利用して、ホテルに格安で泊まるという選択肢もありかなと思っています。出張した感じがして、いい息抜きになると思うので。観光地の近くのホテルに泊まって、お土産でも買って帰ろうかなとか」(Bさん)

 30代の女性会社員・Cさんは、深夜のファミレス女子会ができないことで、「じわじわストレスが溜まっている」と吐露する。

「だらだら話すのがいいんです。深夜2時くらいにパフェを頼んで、みんなで『ジムに行った意味ないじゃん』『マジ太るでしょこれ』みたいな感じで、バクバク食べる。お互いの婚活状況を報告し合うのも目的の一つで、ろくな男がいないとか励まし合うのもいつものことでした。家や居酒屋じゃダメなんですよ。あの深夜のファミレスのカオスさがいいんです。何でもあり、みたいな」(Cさん)

 ファミレスの脱・深夜営業の流れに、“深夜族”たちは複雑な心境のようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。