マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

冬のボーナス各企業の悲痛 ANA乗務員「まさかバイトするなんて…」

2020年10月23日 7:00

旅行者激減で航空・レジャー業界のボーナス減は必至か(EPA=時事)
旅行者激減で航空・レジャー業界のボーナス減は必至か(EPA=時事)

 新型コロナウイルスが日本に上陸してはや9か月。4月には緊急事態宣言が出され、ステイホームや自粛、時短勤務などで経済が低迷し、各企業の業績が悪化した。当然、夏のボーナスには負の影響が目立ったが、さらなる落ち込みが予想されるのが冬のボーナスだ。というのも、今年4月以降の業績を反映して冬のボーナスの額を決める企業が多いからだ。

 新型コロナで特に大きなダメージを負ったのが、国際便を中心にフライトの大幅な減便が続く航空業界だ。全日本空輸(ANA)は、冬のボーナスゼロを労組に提案し、スカイマークも冬のボーナスを見送る方針だ。ANAの30代客室乗務員が打ち明ける。

「会社からはボーナスカットだけでなく基本給の引き下げも提案されていて、そうなると平均で年収が3割も減ります。おまけにこれから先は、ほかの企業でアルバイトやパートをする副業も認められそうです。憧れだった客室乗務員がほかの会社でバイトをするなんて、世も変わりました……」

 日本航空(JAL)の20代客室乗務員も戦々恐々だ。

「夏のボーナスは例年の半分ほど。冬のボーナスはまだ発表されていませんが、ANAと同じくカットになるのではと社内ではもちきりです。すでにフライト時間が半分になって、フライトのたびにもらえる乗務手当や宿泊手当が激減してカツカツの状況です。空港から遠くなるけど、ひとり暮らしは諦めて実家に帰ろうかと悩んでいます」

 旅行業界も深手を負った。大手のJTBは、1989年以降初めてという冬のボーナスゼロが決定した。旅行代理店に勤務する30代男性が話す。

「今年頭まではインバウンドや旅行需要で潤っていたので、1月に自宅のテレビや冷蔵庫など家電をクレジットカードのボーナス払いで購入しました。しかし、夏のボーナスはありませんでしたし、冬のボーナスは出ないと会社から言われているので貯金を取り崩して払うしかありません。

 地方でひとり暮らしをする母親の介護費用のために毎月、仕送りをしていました。しかし、夏冬のボーナスがないため、私の生活も厳しくなるので、このままでは仕送りも難しくなる。母親の介護費用をどうするのかと、妹と話しているところです。Go Toトラベルキャンペーンで旅行業界がなんとか盛り返せればいいですが、『これがダメなら転職を考える』と思い詰める同僚が少なくない」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。