マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

コロナで業績伸びたゲーム業界、ドラッグストアなど 冬のボーナスは?

2020年10月27日 7:00

コロナ禍でドラッグストアの業績は順調に伸びた
コロナ禍でドラッグストアの業績は順調に伸びた(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、経済界に大きな影響を与えた。多くの業界において業績が悪化し、冬のボーナスがカットされる見込みの企業も多い。しかし、一方で業績が好調な業種も存在する。ニッセイ基礎研究所上席エコノミストの上野剛志さんが語る。

「情報通信系の企業は元気で、NTTやシステム会社系は4~6月も増収でした。新型コロナによってテレワークが普及したことと、電子商取引の拡大が響きました。『新しい生活様式』が追い風となる業種です」

 IT系企業で働く夫を持つ30代女性がにこやかに言う。

「夫はコロナで在宅勤務になりましたが、受注が増大して仕事量はむしろ増えました。業績好調でボーナスも増額が期待できそうです。せっかくだからこの冬は、Go ToトラベルやGo Toイートなど、Go To関連のキャンペーンを満喫するつもりです」

 巣ごもり消費系も業績が軒並みアップした。

「ドラッグストアやホームセンター、スーパーマーケット、ゲーム業界など、巣ごもり系の企業が業績を上げました。なかでも任天堂は『あつまれどうぶつの森』の大ヒットで、4~6月の営業利益が前年同期比で427%アップしました」(『経済界』編集局長の関慎夫さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。