マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

在宅介護のヘルパー不足 気難しい利用者は断られる時代へ

2020年11月3日 16:00

コロナ禍は介護の現場にも多大な影響を与えている(イメージ)
コロナ禍は介護の現場にも多大な影響を与えている(イメージ)

 来るべき“その時”に備えて、家族に迷惑をかけないために準備をする終活。

「介護が必要になったら自宅近くのこの施設を利用しよう」
「看取りはかかりつけ医に」
「自分の葬儀はここでやりたい」

 など、几帳面な人ほど準備や予約に余念がない。今や「人生の幕引きを整えておく」ことは、“シニア層の責任”となりつつある。

「団塊の世代」が後期高齢者となる「2025年問題」が指摘される一方、需要の増大を見込んで介護や看取り、葬儀、墓などの終活関連産業は活況を呈してきた。

 そんな見通しが、新型コロナウイルスの感染拡大で一変した。現場で今、何が起きているのか。

デイサービス「利用控え」で施設の苦境

 東京商工リサーチによると、今年1~9月の老人福祉・介護事業の倒産件数は94件(前年同期比10.5%増)。とりわけ、倒産した通所・短期入所介護事業(デイサービスやショートステイ事業)は30件で、前年同期比25%増と苦境が際立った。

 自宅から日帰りで施設に通うデイサービスは在宅介護の利用者、家族を支える存在だが、4~5月の緊急事態宣言下で「利用控え」が全国に拡大。

 神奈川県で小規模デイサービス施設を2か所運営していた経営者のA氏は、こう話す。

「“密”を避けるため、8人の利用定員を半減せざるを得ず、収入は4割減に。月の赤字が100万円近くになることがわかり、閉所するしかありませんでした」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。