マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

離婚の下準備 「不倫やDVの証拠」を費用かけてでも集めるべき理由

2020年11月18日 16:00

大切なのは状況証拠ではなく、言い逃れができない“確実な証拠”を集めること(イラスト/サヲリブラウン)
大切なのは状況証拠ではなく、言い逃れができない“確実な証拠”を集めること(イラスト/サヲリブラウン)

 コロナ禍で夫婦が共に過ごす時間が増え、離婚を考えるようになった人が増えているという。もし本気で離婚を考えているのなら、優位に成立させるためにも綿密な下準備が必要だ。夫婦でお互い納得したうえで離婚届を提出すると離婚が成立する(協議離婚)が、どちらか片方が合意してくれない、話し合いすらままならないなら、家庭裁判所に調停を申し立てることになる。そこでも合意に至らなければ、審判や訴訟となる。

 その際には、「配偶者に不貞な行為があったとき」「その他婚姻を継続し難い重要な理由」など、「法律上の離婚原因」にのっとった理由が必要だ。

不貞の決定的な証拠はホテルの出入り写真

 法律上の離婚原因には、それを示す証拠が必要になる。大切なのは、状況証拠ではなく、言い逃れができない“確実な証拠”を集めることだ。それはどんな証拠なのか。夫の不貞が原因で離婚を望む女性のケースについて、総合探偵社MR代表・岡田真弓さんが解説する。

「不貞が疑われる場合、夫のスマホに愛人との待ち合わせや、性行為をにおわせるやりとりがあっても、“言葉遊びだった”“実際には会っていない”などといくらでも言い逃れができますし、相手も特定しづらく、証拠としては弱い。夫と愛人の顔が写り、2人が宿泊施設などに入り、そして出てきた写真や滞在時間がわかる記録があれば、第三者が見ても認められやすい証拠となります」(岡田さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。