マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

女性の実印はフルネームNG? 「時代錯誤のはんこ文化」に憤りの声続出

2020年11月19日 16:00

実印にも「女性らしさ」が求められる意味はあるのか?(イメージ)
実印にも「女性らしさ」が求められる意味はあるのか?(イメージ)

 政府が行政手続きのはんこ使用廃止を進めているが、印鑑登録をした実印が必要な手続きは今後も残る見通しだ。家や自動車購入時などに押印が求められ、実印を持った時に「自分も一人前の大人になった」と実感した人もいるのではないだろうか。

 こうして、日本に根深く残るはんこ文化だが、女性の立場からすると「おや?」と思うこともあるようだ。それは実印作成時の経験によるものだという。

 40代の女性会社員・Aさんは、20年ほど前に弟が大学院進学時の奨学金を借りるにあたり、保証人になったことから実印が必要になった。それまで認印しか持っていなかったため、実印を作ろうとはんこ屋を訪れた時のことだ。

「はんこ屋さんに行って、書体などを相談しているときに、店員の中年男性に『女性が実印を作る場合、名字を入れると結婚できなくなるよ』と言われたんです」(Aさん)

 Aさんがその店員から聞いた話によると、結婚後に姓が変わる可能性がある女性が、名字を入れた実印を作ると、結婚後に無駄になるだけでなく、「自分を未婚に縛ってしまう」という理屈。併せて「その代わり社会的には成功しやすい」とも説明を受けたという。何の根拠もない説明だが、Aさんは、当時の心境をこう振り返る。

「父や兄は姓名で実印を作っていたので、私も何も考えずに姓名で入れようとしたんですが、当時は独身。運気や風水にこだわるタイプではまったくないのですが、そんなことを言われたら気になってしまって……」(Aさん)

 Aさんは結局、店員の「名前だけでもいい。女性はほとんどそうしている」という言葉に従い、名前だけの実印を作ったものの、納得がいかない感じは残った。ちなみに購入した実印は1万円ほどしたにもかかわらず、結局20年間で使ったのはその1回だけだという。

「もはや実家のどこにしまったかわからない。1回だけのために高い実印を作るって無駄だなあと思いますが、悪用を防ぐという意味合いでは仕方のないことなのでしょうか」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。