マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

離婚後の生活に向けた準備の数々 マイナンバーカードは事前作成を

2020年11月24日 16:00

マイナンバーカードは旧姓証明にも使える(イラスト/ユキミ)
マイナンバーカードは旧姓証明にも使える(イラスト/ユキミ)

 新婚当初はラブラブでも、いつしかすれ違いが生じ、ついには離婚へ──。しかし、一時の感情で離婚をしたら、その後の生活で苦労が待っているということも多い。

 離婚は成立したら終わりではない。それから新たな生活が始まるのだ。いつか訪れるかもしれない離婚のために、準備すべきことは少なくない。婚姻期間中から考えておいたほうがいいことを、お金や家、仕事などさまざまな角度から見ていきたい。

お金のこと/新生活のための資金をつくっておく

母子世帯の年間平均収入
母子世帯の年間平均収入

 離婚前に必ずしておきたいのが、離婚後の生活設計と、そのための資金づくりだと、自身も離婚した経験がある節約アドバイザーの丸山晴美さんは言う。

「離婚成立後、財産分与などでまとまったお金が入る可能性もありますが、希望通りになるとは限りません。また、別居したうえで離婚の手続きをする場合、成立するまでに1~2年かかることも。当面の生活費をはじめ、転居の費用、新居の家具家電、子供がいる場合は預け先が決まるまでの一時保育などの費用、弁護士に依頼する場合はその費用など、あらゆる可能性を考え、へそくりを貯めておきましょう。一般的に300万円あると安心だといわれています」(丸山さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。