マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

台湾の「レシート宝くじ」 電子マネーで払うと自動的に当せん通知

2020年11月25日 7:00 週刊ポスト

宝くじで約80億円当せんした中国人男性はミッキーマウス姿で記者会見(2014年、AFLO)
宝くじで約80億円当せんした中国人男性はミッキーマウス姿で記者会見(2014年、AFLO)

 一攫千金の夢を求めて宝くじを買う人は、世界中にいる。14億人の欲望がうごめく中国では、2008年頃から宝くじの売上高が急伸し、昨年は4220億元(約6兆7500億円)と日本の約6倍にのぼった。

 日本同様、街のあちこちに販売所が設置されているが、18歳未満の購入は不可。種類はロトやスクラッチ、スポーツくじなど多岐にわたり、なかでも人気なのが「双色球」と呼ばれる7つの数字を選ぶロト7のようなくじだ。1口2元(約32円)とお手軽ながら、1等は500万元(約8000万円)以上が約束される。同じ組み合わせを複数購入でき、繰り越しもあるため、過去最高金額は5.7億元(約91億円)。受け取りは日本と同じく一括だ。

2020年4月、コロナウイルスが広がった武漢で、団地に巡らされたバリケードの窓から宝くじを購入する男性(Getty Images)
2020年4月、コロナウイルスが広がった武漢で、団地に巡らされたバリケードの窓から宝くじを購入する男性(Getty Images)

 中国ではプライバシー保護のため当せん者は会見などを拒否できるのだが、なかにはミッキーマウスやウルトラマンなどの着ぐるみを着用し、時にはボイスチェンジャーまで使って檜舞台に上がる人もいる。複雑な心理が面白い。2014年にスポーツくじで4億9700万元(約80億円)を当てた男性はミッキー姿で記者会見に臨み「数字は5分で選んだ。今後は生活スタイルを変えず、今まで通りに過ごしたい」と答えた。

 台湾の宝くじの歴史は日本統治時代にまで遡り、戦後は2002年から現在の形のロトやスポーツくじが広まった。1口200円ほどで庶民の娯楽として定着しており、「台湾彩券(彩券は宝くじの意)」の看板を掲げた売り場が各地に設置されている。2015年には7つの数字を選ぶ「威力彩」で30億台湾ドル(約120億円)の過去最高金額が出た。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。