マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

優秀なビジネスパーソンほどハマりやすい「副業のワナ」とは?

2020年12月7日 15:00

優秀なビジネスパーソンほど副業で失敗しやすいと言われるワケは?

 副業マッチングサービスなどを手掛けるランサーズの調査によると、「副業人口」(常時雇用されながら副業する人)は年々増加傾向にあり、2020年4月の調査では409万人と推計されるという。コロナ禍により、さらに急増している様子がうかがえるほか、同調査で「副業をしてみたい」と回答した人が全体の7割にのぼっており、まだまだ“人口増加”は続きそうだ。

 また、コロナ禍以前の2019年から始まった国主導の「残業規制」も徐々に労使ともに浸透してきており、本業における「収入減」と「労働時間の短縮」は、多くの労働者にとって避けられそうもない。日本の労働スタイルが「残業ありき」から「副業ありき」へ、さらには複数の業を持つ人が当たり前になる「複業の時代」へと変わっていくことを予想する声も少なくない。

 コロナ禍によって、働き方が大きな変革期を迎えつつある中、副業における「課題」も少しずつ浮き彫りになっているという。ランサーズ取締役で、新しい働き方研究所所長も務める曽根秀晶氏が解説する。

「端的に言えば、優秀なビジネスパーソンが副業を始めると、たいてい1回は失敗します。優秀であればあるほど、自分自身のスキルを外で試したくなるのは当然で、複数の案件、より大きな案件へと仕事を広げていきます。しかし、複数の上司を同時に持つようなものなので、いろいろなことが“混線”し、やがてセルフコントロールが効かなくなる。自分がどこまで同時に仕事を請け負えるかの限界は、一度失敗して学ぶしかありません」(曽根氏)

 こうした「副業のワナ」に陥ったまま仕事を続けていると、やがて「副業うつ」になってしまう人も少なくないそうだが、副業で失敗しないためのコツはあるのだろうか。副業で始めたYouTubeのチャンネル登録者数が急増し、短期間で「公認会計士YouTuber」第1位に登り詰めた山田真哉氏が、自身の経験も踏まえながら、こうアドバイスする。

「副業をする人にとっての最大の課題はタイムマネジメント。やろうと思えば寝る時間を削っていくらでもやれるわけですが、肉体的にも精神的にも疲弊し、いずれ本業もろとも崩壊してしまいます。メールやSNSの反応も同じですが、朝から晩まで即レスしている人はやっぱり体を壊しがち。複数の仕事をこなし、複数の人と関わる時こそ、時間制限を設けることが大切です」(山田氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。