マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

自粛ムードに安堵する“クリぼっち”たち 「今年は精神的に楽です」

2020年12月4日 16:00

クリぼっちは「自粛の優等生」?
クリぼっちは「自粛の優等生」?

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、今年もクリスマスがやってくる。しかしながら、コロナ禍で過ごす初めてのクリスマス。特別な日ではあるけれど、感染リスクのことを考えると、例年通りの過ごし方は難しいだろう。

 実際、Wondershakeが11月25日に発表した「クリスマスに関するアンケート」の調査結果によると、約半数が「今年のクリスマスの過ごし方は新型コロナウイルスの影響を受ける」と回答。また、約8割が「家族と一緒に過ごす」と回答しており、今年のクリスマスは、恋人、友達、同僚と過ごす人は、例年より少なくなりそうだ。

 そうしたなかで、いつになく生き生きしている(?)人たちがいる。これまでなら自虐的になりがちだった、クリスマスに一人ぼっちの“クリぼっち”たちだ。「いよいよ世間が自分たちに追いついてきた」と意気揚々だ。

 IT企業に勤務する30代の男性・Aさんは、「毎年クリスマスを一人で過ごす僕は、自粛の優等生」と笑う。

「これまでは、街全体がクリスマスムード一色になって、カップルや家族が浮かれているのを見ると、自分だけ取り残された感じがして、何とも言えない気持ちになっていました。でも、今年は一人で家にいる理由がきちんとある。気の持ちようかもしれませんが、精神的にすごくラクです」(Aさん)

 金融業界で働く20代の女性・Bさんは毎年、クリぼっちを回避するために奮闘してきた。ある年は女子会を催し、またある年はクリスマスまでに彼氏を作るため、積極的に出会いを求めたこともあったという。

 だが、新型コロナの影響で状況は一変した。Bさんの周りでは「家族」や「夫」と家で過ごす予定という人もいれば、恋人とのデートを中止する人までいるようだ。様変わりした現状に、Bさんは「今年はクリぼっちを回避する必要性はない」と安堵する。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。