マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

夫に先立たれ家計に不安が… 遺された妻がもらえる「年金」の金額

2020年12月10日 7:00 女性セブン

夫の死後にもらえる年金にはどんな種類がある?
夫の死後にもらえる年金にはどんな種類がある?

 コロナ禍で女性の自殺が増えている。警察庁の発表によると、今年10月の自殺者数は2153人と昨年10月に比べ4割も増加した。なかでも女性の自殺は多く、8割以上の増加だという。

 背景にあるのは経済的理由だ。総務省の「労働力調査」によると、女性の非正規雇用者は今年9月、1年前より73万人、4.8%減った。女性パートだけで26万人の減少。ただでさえ立場の弱い非正規雇用の女性が職を失い、極めて苦しい状況に追い込まれているのだ。

 なかでも「ひとり暮らしの高齢女性」の貧困は深刻だ。高齢者は非正規雇用の割合が高く解雇されやすい。65才以上の女性の完全失業者数は、10月に4万人を記録、1年前より1万人増加した。コロナ禍でそんなニュースを目にする機会が増え、夫との「死別後」や「離婚後」に“生活費の柱”である年金がどうなるのか、不安に感じる女性が増えているという。

遺族厚生年金は上乗せされない

 都内に住む50代主婦の早川さんもそのひとり。

「10才ほど上の夫ががんで余命宣告を受け、夫婦でともに過ごせる時間は残り半年ほど……。不幸は重なるもので、このコロナ禍で私がパート先で働けなくなりました。子供はまだ15才で進学も控えているというのに、万が一の場合、この先、女手ひとつで育てていけるか、頭を悩ませています」

 早川さんのように夫と死別した妻を支えるのが「遺族年金」だ。「年金博士」ことブレイン社会保険労務士法人の北村庄吾さんが話す。

「夫婦どちらかに先立たれたとき、残された家族の生活を保障するものとして『遺族基礎年金』と『遺族厚生年金』の2つがあります」

 まず「遺族基礎年金」は、18才未満の子供のいる配偶者か子供自身が受け取れるもので、“子供の養育の手助け”という意味合いが強い。

「基本額は一律で年間約78万1700円。それに子供の数に応じて加算があります。第2子までは子供1人につき22万4900円、第3子以降は1人7万5000円が加算されます」(北村さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。