マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

熟年離婚の話し合い 「ふざけるな!」の一言で慰謝料支払いのリスクも

2020年12月21日 19:00

離婚協議は冷静に進めるべき(イメージ)
離婚協議は冷静に進めるべき(イメージ)

 女性誌はいま、離婚特集が花盛りだ。ページをめくると、〈女性が「完璧で幸せな離婚」をするために知っておくべき最低限のこと〉〈妻が損をしない離婚〉〈熟年離婚で大切なのは「財産分与」と「婚姻費用」〉など、離婚を勧める刺激的なタイトルばかり目に飛び込んでくる。毎日顔を合わせ、何食わぬ顔で笑っている妻が、もう何十年も前から虎視眈々と離婚の好機を待ち続けている……そんなドラマのような話が現実のものになっている。

売り言葉に買い言葉で慰謝料に!?

 離婚なんてまったく想像もしてなかった夫にしてみれば、「これまで家族のために懸命に働いたのに、こんな扱いは許せない……」といった怒りもこみ上げてくるだろう。しかし、感情を爆発させると、自分が不利な立場になるばかりだ。フラクタル法律事務所代表の田村勇人弁護士が指摘する。

「話し合い中に興奮して『ふざけるな! 出ていけ!』と暴言を吐いた際、妻がこっそり録音して、『夫婦関係の破綻を夫が認めた』証拠に利用されることがあります。妻がわざと挑発することもあるので、売り言葉に買い言葉は禁物」

 妻の弁護士から「何度も不貞行為をしましたね」とカマをかけられた夫が、「ふざけるな! 一度だけだ!」と思わず認め、慰謝料請求につながった例もある。軽率な発言には要注意だ。

孫に会えなくなる最悪シナリオも

 妻とは骨肉の争いになっても、子供や孫とのつながりは断ちたくない。

「間違っても『どっちにつくんだ!』と子供を責めてはいけません。高齢の男性は孤独になるのが怖いから離婚騒動に子供を巻き込み、かえって子供から煙たがられてさらなる孤独に陥りがちです。子供との関係性が壊れたら孫にも会えなくなり、一層孤立して寂しい老後になります」(田村氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。