マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

鬼滅ブームでパパ・ママ悲鳴 「プレゼントが手に入らない!」

2020年12月21日 16:00

『鬼滅の刃』ブームはあらゆるところに波及している(AFP=時事)
『鬼滅の刃』ブームはあらゆるところに波及している(AFP=時事)

 クリスマスまで、もう後わずか。子どもたちにとっては、大好きなサンタさんがやって来る楽しみな時期だが、東京都足立区に住むTさん(40代男性)は途方に暮れている。溺愛する一人娘のYちゃんが欲しがるクリスマスプレゼントが、いまだに手に入らないのだ。

「娘がサンタクロースにお願いしたのは、『鬼滅の刃』のアクアビーズです。12月初めから、売っていそうなお店を片っ端から回っていますが、まったく手に入りません」(Tさん)

「アクアビーズ」は、カラフルなビーズを並べて遊ぶおもちゃ。水をかけて乾かすと、ビーズ同士がくっついて固まり、ブローチのような状態になる。イラストシートに合わせて動物、アクセサリー、花などを作るも良し、オリジナルの絵柄を自由に作るも良し。ディズニー、ドラえもん、マイメロディ、すみっコぐらしなど、人気キャラクターのイラストシートも発売されており、Yちゃんは『鬼滅の刃』バージョンが欲しいのだ。

「娘が欲しがっている『アクアビーズ 鬼滅の刃 バケツセット』が発売されたのは11月21日。私は出遅れてしまい、気付いた時にはもう店の棚から姿を消していました。近所の大型おもちゃ店には3日とあけずに足を運んでいますが、おもちゃフロアの担当者によれば、『入荷予定は無い』『発売日以外、見たことがない』とのこと。小声で『問い合わせの電話が毎日10本以上掛かってくるんです』と、教えてくれました」

時々見かけるもの、めったに見つからないもの、まったく見つからないもの

 娘のYちゃんは現在4才。保育園では猛烈な鬼滅ブームが訪れている。

「小学生のお姉さんがいる友達が、お姉さんにつられて『鬼滅の刃』を見るようになり、保育園でその話ばかりするので一気にブームが拡散。4歳児がストーリーを全部理解しているとは思えませんが、炭治郎だの禰豆子だのと鬼滅の話ばかりしており、クラスの子は全員、クリスマスプレゼントは“鬼滅関係”だそうです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。