マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

アップルの新エネルギー自動車開発が進展か 中国企業含め熾烈な争いに

2020年12月23日 7:00

5年以内に「Apple Car」が登場か(Getty Images)

 2020年の株式市場では、テスラ(TSLA)の株価急騰が大きな話題の一つとなった。12月中旬の株価は3月の安値から10倍弱まで跳ね上がっている。時価総額はアメリカ市場で第6位。ウォールマート、ジョンソン&ジョンソン、JPモルガン、ビザなどを超えている。日本最大の時価総額を誇るトヨタと比べても、約2.7倍の規模まで成長している。

 もっとも、新エネルギー自動車メーカーの中で、テスラだけが急騰しているわけではない。中国本土の新興電気自動車メーカーでニューヨーク市場に上場する上海蔚来汽車(NIO)の株価は、3月の安値から約22倍も上昇している。同じく本土の新興電気自動車メーカーである小鵬XPEV(XPEV)は8月にニューヨーク上場を果たしたばかりだが、直近の株価は初値の約2.5倍となっている。米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が出資する香港上場のBYDは同じく3月の安値から約5.5倍に上昇している。

 自動車産業の勢力図は、新エネルギー自動車の急速な普及によって大きく変わると投資家たちは確信している。だからこそ、関連銘柄がここまで買われるのであろう。

 日本ではあまり注目されていないが、アップルも新エネルギー自動車を作るようだ。台湾を代表するハイテク関連メディアであるDigiTimesなどによれば、「アップルはアメリカで自動車生産ラインの建設を計画中で、自動車電子部品サプライヤーと技術規格などについて話し合いを行っている。また、台湾セミコンダクター(TSM)と自動運転用チップに関して共同開発を進めている。2024~25年あたりには、“アップル・カー”が登場するだろう」などと報じている。

 アップルがスマート新エネルギー自動車の開発を目的としたタイタンプロジェクトを始めたのは2014年であった。テスラをはじめ、トヨタ、日産など世界中の優秀な自動車メーカー出身者を雇い入れたことで一時大きな注目を集めた時期もあった。しかし、プロジェクト自体はあまりうまくいかず、研究開発の重心は自動運転領域に移っていったという報道も見られたが、自動車生産計画は実際には水面下で着々と進んでいたようだ。

テスラの「モデル3」(Getty Images)

 テスラのモデル3もそうだが、ほとんどの新エネルギー自動車はスマホで操作できる。スマホに話しかけることで離れた場所から車を呼んだり、駐車させたりすることが可能だ。今後、通信手段の主役はスマホからスマートウォッチに変わるかもしれないが、アップルブランドを好きなファンにとってはそんなことはあまり気にならないだろう。

 テスラの登場によって、自動車という製品は、ハードだけでなく、ソフトによっても差別化が可能だということがはっきりしてきた。アップルが参入し、自動運転技術がもう少し進歩すれば、ソフトの差によって、競争力が決定されるような時代が訪れることになりそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。