マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

トヨタ自動車「クラウン消滅」報道で見え隠れするお家事情

2020年11月30日 7:00

「クラウン消滅」報道には様々な思惑が交錯している?(EPA=時事)
「クラウン消滅」報道には様々な思惑が交錯している?(EPA=時事)

〈トヨタ自動車は高級車「クラウン」セダンの生産を現行型で終了する〉──11月11日付中日新聞のスクープは大きな衝撃を与えた。

 クラウンといえば「いつかはクラウン」のフレーズが思い浮かぶ。1983年発売の7代目クラウンCMで石坂浩二がナレーションしたキャッチコピーだ。以来、ずっと庶民の憧れのクルマであり続けた。経済ジャーナリストの福田俊之氏が解説する。

「1955年から65年もの歴史を有するクラウンは、日本の自動車産業の象徴といえるフラッグシップモデル。『いつかは』のコピーどおりステータスシンボルでもあった。トヨタもそれを意識して開発を続けたクルマです」

 ではなぜ、クラウンは半世紀以上の歴史を終えることになったのか。

「近年はユーザーのセダン離れが顕著で、クラウンの弟分『マークX』も昨年いっぱいで生産終了となった。ユーザーの人気はSUV(スポーツ用多目的車)やミニバンに移っています」(福田氏)

 トヨタ自動車に確認すると「中日新聞の記事の真偽を含め、将来の商品計画についてはお答えできない」(広報部)とするのみだった。福田氏が続ける。

「電動化や自動運転化など、自動車産業は100年に1度の大変革に直面している。無駄を省き将来性のある分野に投資したい豊田章男社長が引き際を検討したのでは。だが、クラウンに強い思い入れを持つ父・章一郎氏(トヨタ名誉会長)の目の黒いうちは公然と“引退発表”するわけにいかない。今回の報道は、生産終了を見据えた観測気球と考えるのが自然です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。