マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

出井伸之氏 日本は世界にとっての「風の谷」になればいい

2021年1月5日 7:00

日本社会が目指すべき場所は?(元ソニー社長・出井伸之氏)
日本社会が目指すべき場所は?(元ソニー社長・出井伸之氏)

 インターネットの登場で、日本人の生活も大きく変化した。オンラインショッピング、サブスクリプションサービス、リモートワーク……どれもネットありきのサービスだ。25年前からこうした未来を予見していたのが、ソニーで「名経営者」と呼ばれた出井伸之氏である。83歳にして現役経営者としてベンチャー企業を育成・支援している出井氏に、これからの日本の生き残り戦略を聞いた。

 * * *
〈出井は中国・清華大学の顧問委員を務めている。出井の他、イーロン・マスク(テスラCEO)、ティム・クック(アップルCEO)、スティーブン・シュワルツマン(ブラックストーンCEO)など錚々たる人物が名を連ねる。彼らは定期的に集まっては、大学の方向性や取り組むべき分野、また必要な教授陣をどう確保するかと言った領域にまで議論をする。だから、清華大学の教授陣の給与は能力によって全く異なる。就労年次によって給与が決まる日本の多くの大学との違いだ。〉

 常に競争があって、ドラスティックに変化しようとする中国と比べると日本は寝てるんじゃないかとも思ってしまうほど。しかし、最近は日本には日本のよさがあることも感じています。

 慶應大学環境情報学部教授、安宅和人さんは、著書『シン・ニホン』のなかで日本の中に『風の谷のナウシカ』の「風の谷」のように、これからの人間が都会から離れ自然と共存し豊かな生活を営む場所をつくろうと言っていますが、僕は日本が世界にとっての「風の谷」になればいいと思っているんです。勝ち負けや成長より平和と環境と伝統を大切にする場所になれば、世界中から、特にアジアから人々が日本に来たがる。そういう国を目指せばいいと。

 そして、一方で稼ぐのは国内よりもアジア。日本が成長するチャンスは、多くの国が成長し世界経済の中心になるアジアにどうコミットするかにかかっていると思う。これだけ洗練された製造業の知識と技術があれば、必ずアジアで求められるし、日本を成長させてくれる巨大なエンジンになるんじゃないかと思います。日本人はグローバル化というと「外国人の下で働く」とイメージしますが、そうじゃない。外国に行って企業を買収し、トップを取る。それこそがグローバル化です。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。